はれときどきくもり

人生晴れた日もあれば曇った日もある。いい時も悪い時も人生を楽しもう。

まもなく新プロジェクトが始動します!その名も『fmj』

活動の幅を広げたい小説家志望ブロガーこと@toshi586014です。

ブログを始めて約9か月。この間にいろんなことがありました。

Twitter→ブログ→オフ会→セミナー→小説家志望と、徐々に活動範囲が広がっています。それは、ブログを始める前は、想像もできない世界でした。

さらに、オフ会やセミナーがご縁となり、たくさんの魅力的な方々にお会いできました。フリーだったり会社員だったり、働き方は違いますが、みなさんとても生き生きとしています。

 

なぜ、あの人たちはあんなにキラキラと輝いているのだろう。と、不思議に思っていました。

たくさんの方々とお付き合いさせていただくうちに、何となくその秘密が見えてきました。

それは、みなさんが自分を持っているからです。そして、自分を通して、社会に貢献したいと考えているからです。

思えば9か月前のわたしは、会社員と夫・父親という自分しかありませんでした。しかし、ブログを始めてから少しずつ変化が起こり、ブログを書く自分、小説家志望の自分、オフ会やセミナーに参加する自分、と自分が増えてきました。

さらに、ブログの記事を読んで、役に立ったよと言ってくださる方もいらっしゃいます。小説を読んで、面白かったよと言ってくださる方もいらっしゃいます。まだまだ茫漠としていますが、社会に貢献できる道筋が見えてきました。

 

誤解のないように念のため追記しますが、会社員や夫・父親という自分を軽んじているわけではありません。ただ、わたしの場合は会社員や夫・父親という自分以外にやれること、やりたいことがあると感じたのです。

新プロジェクト ーその名も…ー

そんなわたしが、新プロジェクトに参加する機会を得ました。そのプロジェクトの名前は『fmj』です!

その活動内容はまだ秘密ですが、こちらに↓アクセスすることで、その片鱗に触れることができます。

メンテナンスモード

新プロジェクト『fmj』は、9月16日に始動します。それは奇しくもわたしの誕生日です。新たな一年を迎えるこの日に、新たな自分が始まります!今度はどんな自分になれるのか、今からドキドキワクワクです。

願わくば、新しい自分が、誰かに貢献できる自分でありますように。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

【関連する記事】

春の公園で逆上がりをして思ったこと | はれときどきくもり

わたしがいま読みたい児童書7選 #7childrensbooks | はれときどきくもり

子育てを楽しくする魔法の遊び。家族でアテレコしませんか? | はれときどきくもり

夏の水分不足にはご用心!わたしの救急車体験。 | はれときどきくもり

【タスククエスト連載してます】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもり

2 コメント »

タスククエスト ー月がとっても青いからチェックリストを書こうー

第十四話



photo credit: PAKUTASO

わたしは、チェックリストと言われても、何をどうしたらいいかわからず、途方にくれながら家路をたどっていた。ぼんやりと満月を眺めながら歩いていると、目の前が不意に明るくなった。目を細めながら明かりの方角に振り向くと、一件の本屋があった。

そういえば、ここ改築していたっけな。そうか、本屋さんができたのか。本好きとしては、帰りに気軽に立ち寄れるのは、嬉しい限りだ。

そんなことを考えながら、わたしは、『オープン記念100人目のお客様にチェックリストの活用法教えます』というようなことが起こらないかな、とあらぬ期待を抱きながら、ふらりと本屋に立ち寄った。

中に入ると、むせかえるような本の香りが漂ってくる。わたしは少しもじもじしながら、店内をぐるりと見回した。ずらりと並んだのっぽの本棚に、通勤ラッシュの山手線もかくやという趣で本が納まっている。店の奥には、やけに体格のいい店主が、古めかしい椅子に座り重そうな本を読んでいる。あんな重そうな本を読んでいるから体格がいいんだな、とわたしは一人納得しながら、本棚の間を歩き始めた。

本屋に行くと、つい端から端まで本棚を眺めてしまう。幼なじみの彼女、いや係長は、そんなわたしを「見た目の割に細かい」とよくからかう。そんなことを思い出しつつ本棚を眺める。

漫画コーナー、…おっ!『ダイの大冒険』が全巻揃っている、ここの店主は趣味が合いそうだ。

小説コーナー、…『学生服の少年(絵:ふじもなお、文:とし)』か。なぜか気になる本だな。

仕事術コーナー、…『タスククエスト』!

んん!?なんだか聞いたことがある題名だぞ!

わたしは、その古びた本から目を離せなかった。そして、引き寄せられるように手を伸ばすと、本の背表紙にそっと手をかけた。

「その本が気に入ったのかい?」
突然真後ろから声をかけられ、わたしは驚きのあまり本を落としてしまった。振り向くと、体格のいい店主が落とした本を拾っている。

「その本が気に入ったのかい?」
さっきと全く同じ台詞を同じ抑揚で話す店主は、意外にも愛想のいい顔で笑った。

「チェックリストについての本を探しているんだ。」
わたしは、チェックリストのことを思い出したので、見当違いのことを答えた。しかし、店主はそのことを気にする様子でもなく、「それならこいつがオススメさね。」と愛想よく手際よく一冊の本を出した。

『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』

店主の手際の良さに驚きつつ、そのものズバリなタイトルに惹かれ、わたしは買うことに決めた。「じゃあ、これにするよ。お会計お願い。」と言うと店主は、サッと店内のポスターを指差した。

『オープン記念100人目のお客様にチェックリストの活用法教えます』

「お客さんは、ちょうど100人目だ。その本はただでいいよ。持って行ってやっておくれ。」わたしがあまりの僥倖に呆然としている間に、丁寧にブックカバーを付けた本を渡してくる。まるで機械でカバーを付けたように、端がきれいに揃っている。『日本カバー付け選手権』があれば、相当上位に食い込めるだろう。いや、世界も夢ではないかもしれない。

そんなことを考えていると、ふとレジの前に目が止まった。そこには、『ほぼ日手帳発売中』というポップと共に、手帳が並んでいる。なぜかこの手帳を買わなければならない気がして、手を伸ばそうとした時、係長の声が頭に響いた。「としは、見た目の割にちまちました字を書くから、小さい手帳がいいわよ。」
ん?このセリフ、どこで聞いたんだっけ?まあいい、細かいことを気にしない性格なので、心の声は気にせず、しっかりした大きさが魅力的な『ほぼ日手帳カズン』に手を伸ばした。

その瞬間、ごつい体から想像もつかないすばやさで、店主が『ほぼ日手帳カズン』を取り上げると、「悪いね。こいつは売り物ではないんだ。」と言いながらレジ奥にしまった。そして、またも手品のようにヒョイとペンと手帳を取り出して、「代わりにこいつを使ってやってくれ。本のおまけさね。」と差し出した。

少し小振りなペンと手帳は、不思議とわたしの手に馴染んだ。まるで、DIOがジョセフの血を吸ったかのようだ。WRYYYYYーッ!

最高にハイになり、気分良く本屋を後にしたわたしは、満月が照らす道を急ぎ足で家に向かった。早く本を読みたかった。家に着くと、着替えるのももどかしく、本を開ける。序盤から引き込まれたわたしは、時間が過ぎるのも忘れるほどに、ただページをめくり続けた…。

解説

第十四話を読んでくださって、ありがとうございます。

さて、今回としは一冊の本に出会います。それはアトゥール・ガワンデさんの『アナタはなぜチェックリストを使わないのか?』です。

としが引き込まれたように、わたしも引き込まれました。手術や飛行機の運航といった手順が複雑で少しのミスも許されない世界で、チェックリストがどのように活用されているのか、ということを実例をたくさん挙げて説明しています。単純にこうするといいよという話ではなく、失敗例とそれをいかに乗り越えたかということも書かれているので、なぜそうする必要があるかという点の理解が深まります。

そして、良いチェックリストを作るためのヒントが多く紹介されているので、未読の方はぜひご一読ください。

読者コーナー

今回も読者コーナーのお時間がやってきました。
今回は、第十三話へのコメントを掲載します。

今回コメントをくださった方々はこちらです!
(掲載は、時間が早い順番です。)

ふじもなおさん、コメントありがとうございます!そうです、急展開なのです。現代編もお楽しみくだされば幸いです。

ひろきさん、いつも楽しみにお待ちくださって、感謝です!続きは着々と書き進んでいるので、どうぞお楽しみに。

さいころけいさん、二度読みありがとうございます!いきなりの展開で違う話かと思われたかもしれませんが、タスククエストは続きますよ~。

真波さん、早速読んでくださってありがとうございます!素敵な応援のコメントを今回も使わせていただきました。

ひろきさん、なんと嬉しいお言葉を!タスククエスト書籍化計画を目論んでいるわたしにとって、とても力強いです。

陣内さん、コメントありがとうございます!まさかまさかの展開なのです。この先にもご期待ください。

じーにーさん、続きが気になる発言いただき、感謝です!実はこの先は…おっと、まだ内緒なのです。どうぞお楽しみに。

おがわさん、いつもありがとうございます!コーヒーを吹かなくて良かったです。でも、この先にもコーヒーを吹くような驚きの展開が待ってるかも…。

さちさん、先が楽しみなんて、嬉しすぎます!でも、大サソリに食べられてないかどうかは、まだわかりませんよ~。

マーさん、コメントありがとうございます!そうなのです、突然の現代編なのです。冒険の旅の方はしばらくお待ちください。

みなさん、今回も素敵なコメントをありがとうございました。

というわけで、今回の読者コーナーは、これにて終了します。

いつも応援してくださるあなたに、心より感謝します。

また、こんないい方法もあるよ、というご意見がありましたら、わたし(@toshi586014)宛にお知らせください。
もちろん、ストーリーに関するご感想も大歓迎です。

それでは、次回またお会いできることを、楽しみにしています。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

【前回のお話】

タスククエスト ー暗闇を抜けるとそこは…ー | はれときどきくもり

【タスククエストまとめはこちらです】

タスククエストとは?

このブログで連載中のタスク管理を題材にした小説です。ストーリーを楽しみながらタスク管理を身につけられるおもため話し(おもしろくてためになる話し)を目指します。興味をお持ちのあなた、ぜひこちら↓のタスククエストまとめをご覧ください。
また、書籍、記事の執筆等のご依頼があれば、積極的に受けさせていただきます。ぜひお声かけください。

メールアドレス→toshi586014あっとme.com(あっとを@に変換してください)
Twitter→@toshi586014

タスククエストまとめ | はれときどきくもり

【関連する記事】

ふじもなおさんの”シチュエーションお題”をまたまた考えた | はれときどきくもり

タスククエスト ー道具にはこだわれー | はれときどきくもり

タスククエスト ー冒険の準備はチェックリストでー | はれときどきくもり

Posted from するぷろ for iPhone.

1 コメント »

いざ夢見るリアリストへの道を歩まん!夢を視覚化して持ち歩くということ

最近、夢についてよく考える@toshi586014です。

以前、このブログでも夢を見つけるための仕組みづくりを紹介しました。始めたきっかけと、仕組みについてはこちら↓をご覧ください。

あなたの夢はなんですか?一日一個夢ノートで夢を見つけよう。 | はれときどきくもり

一緒に夢を見つけませんか?一日一個夢ノート作り(登録編) | はれときどきくもり

夢を振り返って行動しよう。一日一個夢ノート作り(参照編) | はれときどきくもり

この取り組みは順調に進んでいて、わたしの夢がようやく見えてきました。その夢とは…。

と、その前に、こちらの記事を紹介します。夢見るリアリストとして、夢に向かって邁進する男、jさんことjMatsuzaki(@jmatsuzaki)さんの記事です。

【写真募集企画】あなたの夢を視覚化して写真を共有しよう!! | jMatsuzaki

この記事の中でjさんはこのように言われています。

夢を視覚化するというのは、あなたが望む「夢」や「理想」を明確にし、(まるでそれを既に現実化できたかのように)目で見える物として身につけるということです。
(中略)
なぜなら、私たちの人生のほとんどは頭が作り出した結果だからです。あらゆるものは頭で1度作られた上で、それから現実化されるのです。ですから、あなたの頭の中に何を入れるかは大きな意味を持ちます。

つまり、もしあなたが頭の中に入れるものを意図的に選択すれば、それはパワフルな効果を発揮することになるということです。

わたしはこの記事を読み、水飲み鳥のように何度も大きく頷きました。人の視覚のパワーと、頭に入れるものを選択することの効果を、実体験として感じているからです。

そこで、わたしはおもむろに一枚の画像を作りました。それが、こちら↓です。


この画像は、わたしの夢である本の出版を表しています。わたしが現在ブログで連載中の「タスククエスト」が本になった時の姿です。

このロゴと絵は、ゆのきさん(@yunokixxx)が描いてくださったものを使いました。ゆのきさん、あらためてありがとうございます!その時の記事はこちら↓です。

ファンタジーでタスク管理と7つの習慣がわかる!注目中の連載記事 – すみっこの記

これを見ながら、わたしはタスククエストのストーリーを考え、執筆しています。もちろん顔はニヤニヤしています。この画像は、ともすれば道に迷うわたしを、夢に向かって誘う灯台の光となってくれるでしょう。

そして、夢見るリアリストを目指し始めたわたしを鼓舞するかのように、先日素晴らしい記事を見つけました。こちら↓がその記事です。

「運」はコントロールできる!自分の「うんのよさ」を上げる2つの方法

jさんと共に、わたしの夢を強力に後押ししてくださる、じゅんさん(@jun0424)の記事です。この記事を読んだとき、わたしの夢はまた大きな一歩を踏み出しました。
なぜなら、この絵でタスククエストを漫画化して欲しい!と強く感じたからです。そのことはわたしの夢に対する大きなエネルギーとなります。
この記事を糧とし、じゅんさんに「漫画化してください!」とお願いできるような魅力的なお話にするべく、タスククエストの執筆に全力を注ぎます。

最後になりましたが、わたしを夢見るリアリストへと導いてくださったjさんに感謝します。わたしは、アップルパイとして、カウボーイとして、夢に向かって進みます。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

タスククエストに興味が湧いたあなた、こちら↓へどうぞ。

タスククエストまとめ | はれときどきくもり

一回目から読んでみようかなというあなた、始まりの物語はこちら↓です。

タスク管理初心者よ。いざ、わたしと共に冒険の旅へ。その名もタスククエスト! | はれときどきくもり

Posted from するぷろ for iPhone.

4 コメント »

夢を振り返って行動しよう。一日一個夢ノート作り(参照編)

前回は、夢を集める環境作りを紹介しました。
詳しくはこちら↓をご覧ください。
 

一緒に夢を見つけませんか?一日一個夢ノート作り(登録編) | はれときどきくもり

 


 

さあ、夢がたくさん集まりました。
まさに夢がいっぱいで、とても楽しいです。
 

しかし、このままでは絵に描いた餅です。
そこで、書いた夢を振り返ることによって、自分の意識に夢を植え付けていきましょう。
 

というわけで、今回は、集めた夢を振り返る方法を紹介します。
 

今回使用するアプリは次の二つです。
 

EverEPUB for Evernote 1.1.3(¥350)

カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥350(サイズ: 1.6 MB)
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi
リリース日: 2011/12/14
現在のバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)
全てのバージョンの評価: (10件の評価)
App


 

iBooks 2.1.1(無料)

カテゴリ: ブック, 辞書/辞典/その他
現在の価格: 無料(サイズ: 44.4 MB)
販売元: Apple – iTunes K.K.
リリース日: 2010/05/25
現在のバージョンの評価: (532件の評価)
全てのバージョンの評価: (7,730件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応


 

EverEPUBとは、EvernoteからEPUBという電子書籍を作成するアプリです。
EPUBはiPhone標準アプリのiBooksで見ることができます。
では、具体的な手順を見てみましょう。
 


↑EverEPUBでは、EPUBを作成するノートブックやタグを指定できます。
わたしは一日一個夢ノートを作成する時に「202Dream」というタグをつけています。
なので、今回はこのタグを指定します。
 


↑すると、「202Dream」タグをつけたノートがずらずらっと表示されます。
わたしはこのタグには一日一個夢ノートしか入れていないので、全選択ボタンをタップします。
そして、次へボタンをタップします。
 


↑好きなタイトルと著者を入力します。
この時に、表紙の画像を指定できるので、夢に関係ある写真を指定すると、振り返る時にテンションが上がるかもしれません。
次に、EPUB作成ボタンをタップします。
 


↑出来上がるまで、少し待ちます。
完成したら出来上がったEPUBをタップします。
 


↑どのアプリで開くかを聞かれるので、iBooksをタップします。
 


↑すると、iBooksが自動的に起動して、先ほどできたばかりのEPUBを開いてくれます。
 


↑本の中身はこんな感じです。
一ノートが一ページになるので、日毎に見られて分かりやすいです。
 


↑ぱらっとめくると、こんな感じに別のページを見ることができます。
 


↑しおりをつけることもできるので、特にお気に入りの夢を重点的に見ることもできます。
 

わたしはこの方法で、毎晩寝る前に一日一個夢ノートを振り返っています。
 

あと約1ヶ月半でわたしの夢は100個(同じことを書いている日もあるので、100種類ではありません)集まります。
その暁には、100個の夢を分類整理して、じっくりと眺めつつ考えます。
そして、本当に叶えたい夢を見つけます。
 

なんと楽しい作業なのでしょう!
 

そして、そのあとは夢を叶えるためのプロジェクトを作り、タスクへと落として行くのです。
 

夢を集めることは、文字通り夢のようでとても楽しいです。
しかし、実現するために現実に行動し続けることは、楽しいだけでなく困難もあるでしょう。
 

また、実現するかどうかは誰にもわかりません。
夢の途中で敗れることもあります。
 

しかし、一つだけ確実なのは、「行動しなければ実現しない」ということです。
例えカタツムリのように緩やかな歩みでも、石のように止まっているよりは可能性があります。
 

わたしの好きな言葉に、「千里の道も一歩から」があります。
例え叶わなくても、一歩一歩確実に歩んで行きます。
何年か後にこのブログで、夢が叶ったよ~、と報告できることを信じて…。
 

最後になりましたが、この素敵な習慣作りのきっかけをくださったjunさん(@jun0424)に感謝します。
 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。
 

EverEPUB for Evernote 1.1.3(¥350)

カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥350(サイズ: 1.6 MB)
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi
リリース日: 2011/12/14
現在のバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)
全てのバージョンの評価: (10件の評価)
App


 

iBooks 2.1.1(無料)

カテゴリ: ブック, 辞書/辞典/その他
現在の価格: 無料(サイズ: 44.4 MB)
販売元: Apple – iTunes K.K.
リリース日: 2010/05/25
現在のバージョンの評価: (532件の評価)
全てのバージョンの評価: (7,730件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応


 

【関連する記事】
あなたの夢はなんですか?一日一個夢ノートで夢を見つけよう。 | はれときどきくもり

 

一緒に夢を見つけませんか?一日一個夢ノート作り(登録編) | はれときどきくもり

 

ポジティブ思考の成果?幸せか不幸せかを決めるのは自分自身。 | はれときどきくもり

 

Posted from するぷろ for iPhone.

2 コメント »

一緒に夢を見つけませんか?一日一個夢ノート作り(登録編)

前回は、わたしがjunさん(@jun0424)の記事に出会って、一日一個夢ノートを日課にする経緯を紹介しました。
詳しくはこちら↓をご覧ください。
 

あなたの夢はなんですか?一日一個夢ノートで夢を見つけよう。 | はれときどきくもり

 

今回は、わたしがどのようにして一日一個夢ノートを集めているか。
また、集めた夢をどのようにして毎日見返しているか。
その習慣作りをサポートする環境を紹介します。
 


 

使っているiPhoneアプリ

 

わたしが使っているiPhoneアプリは、次の4つです。

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム 1.8.3(¥450)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: ¥450(サイズ: 22.4 MB)
販売元: Phocus LLP – Phocus LLP
リリース日: 2010/09/15
現在のバージョンの評価: (11件の評価)
全てのバージョンの評価: (158件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応


 

FastEver – 素早く簡単にEvernoteにメモ 1.9.5(¥170)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: ¥170(サイズ: 1.3 MB)
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment
リリース日: 2010/04/01
現在のバージョンの評価: (18件の評価)
全てのバージョンの評価: (1,589件の評価)
App


 

EverEPUB for Evernote 1.1.3(¥350)

カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥350(サイズ: 1.6 MB)
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi
リリース日: 2011/12/14
現在のバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)
全てのバージョンの評価: (10件の評価)
App


 

iBooks 2.1.1(無料)

カテゴリ: ブック, 辞書/辞典/その他
現在の価格: 無料(サイズ: 44.4 MB)
販売元: Apple – iTunes K.K.
リリース日: 2010/05/25
現在のバージョンの評価: (521件の評価)
全てのバージョンの評価: (7,717件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応


 

毎日忘れずに夢を書くための環境

 

わたしは日常の習慣化したいことをDueというリマインダーアプリに登録しています。
このアプリの良いところは、終わらせるまでしつこくリマインドしてくれるところです。
Dueに登録しておけば忘れようがありません。
 

Dueについてはたちさん(@ttachi)のこちら↓の記事が参考になります。
 

iPhoneで小さな良い習慣を身に付けよう! リマインダーアプリ “Due” は「しつこさ」が売り♬ | No Second Life

 


↑Dueにはこのように登録しています。
「fastever://?text=一日一個夢ノート 」のところがミソなのです。
わたしの設定では、毎晩21時10分になるとDueがお知らせしてくれます。
そして、FastEverを開くをタップすると…
 


↑FastEverが起動します。
この時、先ほどDueに登録していた「一日一個夢ノート」が自動的に入っています。
一行目はEvernoteのタイトルになるので、ここに定型分を自動的に入れてくれるのは嬉しいです。
 


↑次に、画面真ん中右にある時計マークをタップすると、日付と時間が入ります。
入れなくてもいいのですが、あとで見返した時に、いつ入力したかがパッと分かると、意外に楽しいです。
そういえば、あの日はジョジョを読んでいてこんな風に思ったんだなあ、という感じです。
 

あとは、その日に見つけた夢を入力して、保存すると終わりです。
 

習慣化のポイント

 

習慣を続けるためには、いかに忘れないようにするか手間をかけないかがポイントです。

わたしの場合は、忘れないようにDueを使いました。
また、手間をかけないように、DueからFastEverを呼び出せるようにしたり、タイトルが自動的に入るようにしたりしています。
 

この方法にしてからは、忘れることもありませんし、時間がかからないので毎日続けても負担になりません。
 

一日5分、いえ、たったの2分でかまいません。
自分自身の夢と真剣に向かい合ってみませんか?
 

次回は、参照編として、登録した一日一個夢ノートをどのように振り返っているかを紹介します。
 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。
 

Due 〜 リマインダー、タイマー、アラーム 1.8.3(¥450)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: ¥450(サイズ: 22.4 MB)
販売元: Phocus LLP – Phocus LLP
リリース日: 2010/09/15
現在のバージョンの評価: (11件の評価)
全てのバージョンの評価: (158件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応


 

FastEver – 素早く簡単にEvernoteにメモ 1.9.5(¥170)

カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
現在の価格: ¥170(サイズ: 1.3 MB)
販売元: rakko entertainment – rakko entertainment
リリース日: 2010/04/01
現在のバージョンの評価: (18件の評価)
全てのバージョンの評価: (1,589件の評価)
App


 

【関連する記事】
あなたの夢はなんですか?一日一個夢ノートで夢を見つけよう。 | はれときどきくもり

 

ポジティブ思考の成果?幸せか不幸せかを決めるのは自分自身。 | はれときどきくもり

 

iPhoneアプリDueとHappynoteを使って、ポジティブ思考を習慣化しよう | はれときどきくもり

 

iPhoneアプリDueとHappynoteを使って、ポジティブ思考を習慣化しよう【設定編】 | はれときどきくもり

 

Posted from するぷろ for iPhone.

4 コメント »