はれときどきくもり

人生晴れた日もあれば曇った日もある。いい時も悪い時も人生を楽しもう。

タスククエスト ーてんちゃん一号大地に立つ!ー

: 2012年8月10日

第十一話


わたしが、幼なじみの彼女と冒険の旅に出てから、一週間が過ぎた。
わたしたちは、伝説のタスクカフェを探して、旅を続けていた。

毎日魔物たちが襲いかかってくるが、二人で力を合わせて撃退していった。
それに、このあたりの草原には、スライムや巨大蟻といった、弱い魔物しかいないので、まだ安心だ。

「えいっ!」

わたしは、巨大蟻の口に、たけやりを突き立てた。
巨大蟻が痛みで体をのけぞらせ、二本の後ろ足で直立するような姿勢になった。

彼女がすかさず銅の剣を構え、巨大蟻の背後から一気に間合いを詰め、掛け声とともに剣を振るった。

「やああああ!」

彼女は正確に、巨大蟻の柔らかい関節部分を貫いた。
巨大蟻は、ギギギと古いドアがきしむような鳴き声をたてると、地面に崩れ落ちた。

「ふうっ、少し疲れたな。」
わたしは、巨大蟻が溶けたあとから、4プラチナと薬草を拾い上げながら言った。

「そうね。
今日は、魔物たちが多いわね。」
彼女は、わたしが差し出した2プラチナを受け取り、額の汗を拭いながら答えた。

わたしが荷物を整えて歩き出そうとすると、彼女が鋭い声を出した。
「とし!
作業が終わったら、ちゃんとログをつけないとダメでしょ。」

わたしは、またもやすっかり忘れていたので、言い訳がましく言った。
「あ、ああ、もちろんさ。
今からつけようと思っていたんだ。」

「ふーーーーん。今からねえーーーー。」
彼女の視線は氷のように冷たく、やたらと長くのばした言葉はわたしを縛る呪いのようだった。
わたしは氷像になったり、呪いで動けなくなる前に、急いで手帳を取り出しログを書き始めた。

種別:移動、探索、○戦闘、休憩
相手:巨大蟻
時間:15:30〜15:43(13分)
内容:たけやりで口をついてひるんだ隙に、銅の剣で関節部分を一突き
報酬:4プラチナ、薬草

彼女が、わたしの手帳をのぞき込みながら頷いた。
「ふむふむ。
なかなか上手に書けるようになってきたわね。」

「ふふん。やればできるだろ?
もっとも、それもこいつのおかげだけどな。」
わたしは得意気に、手帳を指差した。

行動ログテンプレート てんちゃん一号
『今回の行動記録を、次の項目に沿って記入してね。』
種別:移動、探索、戦闘、休憩
相手:
時間: 〜 ( 分)
内容:
報酬:
『ご協力感謝しますわ。』

「このテンプレートのいいところは、どんな事を書けばいいのか悩まずにすむところだな。
項目に従って書くから、書く内容だけに集中できるんだよ。」
わたしは嬉々として、テンプレートの良さを語り始めた。

「はいはい、そうね。
とっっっても便利で素晴らしいわ。」
彼女が、またかという顔をして、ため息をついた。
なにしろ、わたしがこの話をするのは十回目だ。いや、十一回だったかな?

しかし、わたしは、そんな彼女の様子を気にすることなく、数日前を思い出しながら語り続けた。
「冒険の旅に出た次の日、ログをとりましょうと提案されたはいいけど、何を書けばいいか悩んだものさ。
しかし、何度か書いているうちに、突然閃いたんだ!
そう、書くことがだいたい決まってるんなら、その型を作ればいいんだと!
それからは、試行錯誤の連続だった。
わたしはログをとる度に、必要な項目や共通する項目を洗い出し、それらを集めていった。
そして、ついに完成したのがこれだ!」

わたしは、テンプレートを記入したページを開けて、手帳を高々と掲げた。
「行動ログテンプレート てんちゃん一号ーー!」

わたしは、得意満面な顔で、彼女を振り返った。
もちろん、手帳を高く掲げたままだ。

彼女はやれやれという顔をしながらも、優しく微笑みながら言った。
「そうね、すごいわね。
型を作ればいいというのは、目の付け所が良かったわ。
もっとも、テンプレートという呼び名は、わたしが教えたんだけどね。」

そこまでいうと、彼女はわたしの方に歩み寄り、手帳を指さした。
「でも、テンプレートだから『てんちゃん一号』という呼び名はどうかと思うわよ。」

わたしは、そんな彼女の皮肉を意に介さず、力強く答えた。
「何を言っているんだ!
どうせなら楽しい方がいいと言ったのは自分だろ?
ほらほら、確かにこの時に言ってるぞ。」

タスククエスト ーチェックリストはかく語りきー | はれときどきくもり

わたしは空中を指さしかけたが、また彼女に怒られると思い、素早く指を引っ込めた。
「いや、何でもない。」

彼女は、リンクが浮かびかけた辺りをちらりと見て、咳払いをした。
そして、亡者も恐怖のあまり腰を抜かして匍匐前進で地獄に帰って行きそうな恐ろしい声で、静かに言った。
「とし…。
舞台裏をばらしたらダメよ…。」

わたしは、体中の骨が氷になったのかと思うほどの寒気を感じて、高く掲げた手帳を降ろし、か細い声で答えた。
「あ、ああ、気をつけるよ…。」

次の瞬間に、彼女は打って変わって明るい声で言った。
「さあ、いつまでもここに立ち止まってる訳にもいかないわ。
タスクカフェを目指して、先に進みましょう。」

彼女は、荷物を持つと、元気に歩き出した。

わたしは、まだ寒気の抜けきらない重たい体を引きずりながら、彼女の後を追った。
いつの日か、わたしのてんちゃん一号が、こんな内容で埋まらないことを祈りつつ…。

『今回の行動記録を、次の項目に沿って記入してね。』
種別:移動、探索、○戦闘、休憩
相手:幼なじみの彼女
時間: 〜 (0.1秒)
内容:凍れる視線と呪いの声により、としは一瞬で戦闘不能に陥った
報酬:なし
『ご協力感謝しますわ。』

解説

第十一話を読んでくださって、ありがとうございます。

さて、としと幼なじみの彼女は、襲い来る魔物たちを撃退しながら、無事に冒険の旅を続けています。
その道程で、としはテンプレートの便利さに目覚めました。

テンプレートは、タスク管理では非常に重要です。
なぜなら、同じことを二度する手間と、考える手間を省いてくれます。

テンプレートって何?という方は、手紙の文例を思い浮かべてください。
例えば、暑中見舞いを書くときには、次のような文例があります。

暑中お見舞い申し上げます。
平素は、毎々格別のお引き立てを賜わり感謝いたしております。
云々

これがテンプレートです。
このテンプレートを元に手紙を書くと、定型の部分に何を書こうと考えたり、どんな風に書くのかと調べたりする手間は不要になります。
そして、その手間や時間を、暑中見舞い本来の重要な部分_手紙の相手に思いを馳せ、伝えたい文章を考えること_に集中することができます。

さらに、手紙の文例が、年賀状やお祝い事などの行事にあわせて種類があるように、様々な状況に応じたテンプレートを用意しておくことをオススメします。
そうすると、どんどん応用範囲が広がり、重要なことに集中できる時間が増えていきます。

この作業は前にもしたことある!と思ったら、テンプレートを作ってみませんか?
二度あることは三度ある、と言う言葉通り、その作業がもう一度発生する可能性は高いです。
そして三度目を迎えたとき、未来のあなたは、テンプレートを作ったあなたに感謝するでしょう。

読者コーナー

さて、ここで大事なお知らせです。

今回より、読者コーナーを始めます!

とてもありがたいことに、タスククエストを更新すると、コメントを書いてくださる方が何名かいらっしゃいます。
もちろん、そのコメントの一つ一つは、Evernoteに大事に保存して、折に触れて見返してはニヤニヤしています。

しかし、一人で楽しむだけではもったいない!という想いと、コメントを書いてくださる方への感謝の気持ちを込めて、読者コーナーで紹介させていただきます。

それでは、早速、第一回はじまりはじまりー。

今回は、第十話へのコメントを掲載します。
(掲載は、時間が早い順番です。)

まずは、じゅんさん(@jun0424)です。
イヒツワロー、ハーマ‥!w RT @toshi586014: ブログを更新しました。→はれときどきくもり: タスククエスト ーぼくと契約してタスク管理マスターに…?ー http://t.co/srBKMCz7 #するぷろ on Twitter

さすが、じゅんさんは、お友達のはまさんの出演に反応されましたね。
じゅんさんは、ご自身のブログでもタスククエストを紹介してくださったり、漫画化したいともおっしゃったり、いつも応援してくださっています。とても感謝しています。

お次は、ひろきさん(@hir0cky)です。
ジャブロ…?外から見えないのかな? RT @toshi586014: タスククエスト ーぼくと契約してタスク管理マスターに…?ー http://t.co/h3wpxW7r on Twitter
@toshi586014 なるほど、さすがセンスが良いですね~! on Twitter

前回のお話で登場した「ジャブロ」という防壁に反応されましたね。
「ジャブロ」の名前は、ガンダムのジャブローをもじりました。
センスがいいなんて照れちゃいます。

お次は、おがわさん(@ogw_m)です。
タスク管理は、なんのため?一緒に考えてみました。 RT @toshi586014: ブログを更新しました。→はれときどきくもり: タスククエスト ーぼくと契約してタスク管理マスターに…?ー http://t.co/fp7mSnjy #するぷろ on Twitter

前回のお話では、としが何のためにタスク管理をするのだろう?と悩んでいました。
人それぞれの答えがあると思いますが、見つめ直すきっかけになれば幸いです。

お次は、陣内さん(@jinnaitakumi)です。
このシリーズ大好き(^^) / タスククエスト ーぼくと契約してタスク管理マスターに…?ー はれときどきくもり http://t.co/61EXPVGV on Twitter
@toshi586014 いつも読ませていただいてます! タスククエストのシリーズはEvernoteにクリップまでしてありますw on Twitter

なんと嬉しいコメントでしょう!Evernoteにクリップまでしていただいているとは!
このありがたいご期待を裏切らないよう精進して参りますので、今後ともよろしくお願いします。

お次は、hiroki0519さん(@hiroki0519)です。
タスククエスト ーぼくと契約してタスク管理マスターに…?ー http://t.co/L5NVfmt3 @toshi586014さんから on Twitter

前回のお話をシェアしていただきました。
ありがとうございます!

最後は、はまさん(@Surf_Fish)です。
これはw としさん、ありがとうございます! ”「イヒツワローの錬金術師である、ハーマの書物には、こう書かれてるの。『タスク管理が必要か否かは、タスク管理の労力に見合うだけの…” http://t.co/TtbE7NU6 on Twitter

はまさんは、「イヒツワローの錬金術師である、ハーマ」として、特別出演していただきました。
以前、「化学系メーカー研究職です」というブログ名でしたので、化学という文字をばらしてイヒツワローという呼び名にしちゃいました。
こういう言葉遊びが好きなんです。
はまさん、ありがとうございます!

というわけで、今回の読者コーナーは、これにて終了します。
コメントを寄せてくださったみなさん、改めてありがとうございました。

もう一つお知らせがあります。
タスククエストのまとめページを作りました。
紹介してくださったブログや、各話へのリンクもありますので、お時間ありましたらご覧ください。

タスククエストまとめ | はれときどきくもり

いつも応援してくださるあなたに、心より感謝します。

また、こんないい方法もあるよ、というご意見がありましたら、わたし(@toshi586014)宛にお知らせください。
もちろん、ストーリーに関するご感想も大歓迎です。

それでは、次回またお会いできることを、楽しみにしています。

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。

【前回のお話】

タスククエスト ーぼくと契約してタスク管理マスターに…?ー | はれときどきくもり

【関連する記事】

タスククエスト ーチェックリスト・おぼえていますかー | はれときどきくもり

タスククエスト ータスク管理初心者よ。いざ、わたしと共に冒険の旅へー | はれときどきくもり

タスククエスト ーリマインドを制するものはタスクを制すー | はれときどきくもり

Posted from するぷろ for iPhone.

広告

タスククエスト ーてんちゃん一号大地に立つ!ー」への5件のフィードバック

  1. […] « タスククエスト ーてんちゃん一号大地に立つ!ー 8月 […]

  2. […] タスククエスト ーてんちゃん一号大地に立つ!ー | はれときどきくもり […]

  3. […] タスククエスト ーてんちゃん一号大地に立つ!ー | はれときどきくもり […]

  4. […] タスククエスト ーてんちゃん一号大地に立つ!ー | はれときどきくもり […]

  5. […] タスククエスト ーてんちゃん一号大地に立つ!ー | はれときどきくもり […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。