はれときどきくもり

人生晴れた日もあれば曇った日もある。いい時も悪い時も人生を楽しもう。

買って良かったシリーズ。子どものおもちゃ編パート3

子どもの成長って、あっという間ですね。
寝返りできた〜、と妻と喜んでいたのが遠い昔のように感じられる@toshi586014です。
 

それでは、買って良かったシリーズ【子どものおもちゃ編】が、はっじまっるよ〜。
 

前回の記事はこちら↓だよ~。
 

買って良かったシリーズ。子どものおもちゃ編パート2 | はれときどきくもり

 

それでは、今回のおもちゃを発表します。
 

それは…
ベビープー 4WAYジムにへんしんメリーです。
 

わたしは赤ちゃんと言えばメリーという思い込みがあったので、迷わずメリーを買いました。
買ってみると、これがなかなか優れものなので紹介します。
 


↑メリーの状態はこんな感じ。
自立するので、このように布団脇に置けます。
うちは布団なので床に置いていますが、ベッドにも取り付けられます。
 

また、メリーのくるくる回る真ん中の部分にライトがついているので、夜中のおむつ交換や授乳の時に助かります。
さり気ない機能ですが、初めての子の時は、そんなところまで気が回らないので助かります。
 

ボタンを押すと音楽がなるので、音楽が好きな赤ちゃんはきっと喜びます。
うちの子は、小さい頃はあまり喜んでくれませんでしたが…。
 


↑おもちゃがくるくると回ります。
プーさんやティガーなど、子どもに人気のディズニーキャラクターが、とてもかわいいです。
 

おもちゃの高さがちょうど良くて、この写真の時(三ヶ月半)にギリギリ届かず、回るおもちゃを楽しそうに目で追ったり、手を伸ばしたりしてました。
 

もう少しすると、たまに手が届いて、引っ張っていました。
かなり強く引っ張っていましたが、しなるようになっているので、壊れることはありませんでした。
 


↑座れるようになると、ジムにして遊べます。
足につかまったり、おもちゃを引っ張ったりして遊んでいました。
 

ジムにすると、やや大きくなって、畳三分の一くらいのサイズです。
また、つかまり立ちをしてこけることもあるので、周りを空けておく必要があります。
できれば、畳二畳分くらいのスペースがあると、安全に遊べます。
うちでは写真のように、こけてもいいように、布団の上に置いていました。
 


↑もう少しすると、つかまり立ちをします。
しっかりと安定感があり、足が緩やかな角度なので、つかまり立ちしやすいようです。
また、てっぺんにピグレットのおもちゃが付いていて、回すとシャカシャカ鳴ります。
それを鳴らしたいために、一生懸命つかまり立ちをしてました。
 

おもちゃは、はずして遊ぶこともできるので、外出の時に持って行くこともできます。
 

少し場所をとりますが、小さい頃から体をいっぱい動かして遊べます。
また、三ヶ月頃から二歳頃まで遊べるので、長く楽しめるおもちゃがほしいという方にオススメです。
 

うちの子は、二歳頃まではとてもお気に入りで、毎日遊んでいました。
ある日を境にほとんど遊ばなくなりましたが、これが成長なんだなあとしみじみしました。
 

体を動かすのが好きなお子さんへのプレゼントにいかがですか?
 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。
 

 

今回モザイクを入れるのに使ったアプリはこちら↓です。

モザイクタッチ(MosaicTouch) 2.0(¥85)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
現在の価格: ¥85(サイズ: 1.1 MB)
販売元: Shota Nakagami – Shota Nakagami
リリース日: 2011/08/19
現在のバージョンの評価: (3件の評価)
全てのバージョンの評価: (21件の評価)
App


 

【関連する記事】
買って良かったシリーズ。子どものおもちゃ編 | はれときどきくもり

 

買って良かったシリーズ。子どものおもちゃ編パート2 | はれときどきくもり

 

買って良かったシリーズ。育児のお供編 | はれときどきくもり

 

Posted from するぷろ for iPhone.

広告
3 コメント »

タスククエスト ー誰がために鐘は鳴るー


 

第三話

 

「お待たせ、とし。
チェックリストはできた?」
幼なじみの彼女は、酒場の扉を勢いよく開けて、真っ直ぐわたしに向かって歩きながら言った。
 

まるで春一番だな、と思いながら、わたしは手帳を持ち上げて、彼女にひらひらと振って見せた。
 

「もちろん。
簡単にできたから、コーヒーが冷めるまでずいぶん待ったよ。」
実際は、いろいろと悩んだので、五杯目のコーヒーが冷めるまでなのだけど…。
わたしは水っ腹を押さえながら、素知らぬ顔で答えた。
 

「ふーん、まあいいわ。
じゃあ、これからそれぞれのチェックリストを持って、準備しましょう。
時間は…、そうね。」
と言いながら彼女は手帳をパラパラとめくる。
 

チラと彼女の手帳を見て、わたしは驚いた。
ん?なんだかたくさん書いてるな。
わたしは、一ページの半分くらいしか書いていないのに。
いやいや、彼女は見た目のわりに大きくて豪快な字を書くから、たくさんに見えただけだろう。
わたしは若干の不安を覚えながらも、何とかそれを否定した。
 

「一時間後くらいかしら。
一時間経ったら、終わってなくてもここに戻ること。いいわね?」
彼女は相変わらず有無を言わせぬ口調で言い放った。
彼女の「いいわね?」が、「もちろんいいわね?」の意味だと分かったのはいつのことだったか?
 

きっと一時間もあれば冒険の旅の準備くらいできるだろう、と特に根拠もなく思ったわたしは、勢いよく頷いた。
顔を上げると、すでにわたしの前から姿を消した彼女は、酒場の扉を開けようとしていた…。
彼女は春一番ではなくて、竜巻かな。
 

「くっくっくっ。」
わたしの後ろから、笑い声がきこえる。
 

くるりと振り返ると、カウンターに背中をもたせかけて、若い男がこちらを見ている。
歳はわたしと同じくらいで二十歳前後か。涼やかな顔立ちと知的な瞳が、見るものの目を引く。
いや、わたしも負けていない。少なくとも身長は…。
 

「何か用かな?」
わたしは唯一勝てそうな身長を強調するように、胸をそらしながら若い男に向かって歩いた。
 

「いや、失礼。
あまりにも威勢のいい彼女だな、と思ってね。」
と言うと、若い男はニコッと笑った。
そのさくらが満開になったような笑顔につられて、わたしもニコッと笑った。
 

よく見ると、若い男もエボ_わたしも今かぶっている、成人の儀式でかぶる帽子_をかぶっている。
ということは、若い男も今日成人を迎え、冒険の旅にでるのだ。
 

わたしは、仲間ともライバルとも言える若い男を改めて眺めた。
すでに冒険の旅の準備は終わっているようだ。
旅人の服に、旅人の帽子。そして、短剣を腰に刺している。
ふーむ、短剣といい、知的な雰囲気といい、魔法使いタイプだな。
 

「早く準備に行かなくていいのかい?
そのチェックリストだと、よっぽど急がないと間に合わないぜ。」
若い男は、相変わらず涼やかな声でいった。
おっと、そうだった!
彼女が一時間と言ったら、本当にぴったり一時間だから、遅れることは許されない。
 

わたしは、若い男のそのチェックリストという言葉が気になりながらも、早足で酒場をあとにした。
 

わたしが外にでると、時の鐘が鳴り響いた。
一時間ごとに時を知らせるその清い音色は、皆の生活を導く道標だ。
よしよし、次の鐘が鳴るまでに、準備を終わらせたらいいんだな。
 

「さて、では準備をするか!」
わたしは、意気揚々と町の中心にある市場を歩いた。
まずは何をしようかな…、おっと、こんな時のためのチェックリストだった。
わたしは真新しい手帳を開いて、最初のページを見た。
 


 

たけやり
旅人の服
旅人の帽子
薬草
毒消し草

 

よしよし、ばっちりだ。
なんと言っても、わたしが苦労して書き上げたチェックリストだからな!
特に、最後の毒消し草を付けるか否かで、コーヒー二杯飲んだくらいだ。
 

最初はたけやり、と。
えーと、たけやりをどうするんだったかな…?
そうだ!武器屋に買いに行くんだった!
よし、いよいよ武器屋だ!
 

わたしは意気込んで武器屋に向けて歩き出した。
しかし、武器屋はこの市場の中では、酒場のほぼ反対の端に位置する。
わたしは柔らかい春の日差しで暖かくなった町を眺めながらのんびりと歩いた。
 

武器屋に着いて扉をくぐると、中には武器が並んでいた。
やっぱり、冒険の旅と言えば武器だろう!
わたしは胸の奥に熱いものを感じながら、こんぼうや銅の剣を握っては、妄想にふけっていた。
 

おっと、いけない。
どの位時間が経ったのだろう?
わたしはふと我に返った。
そして、急いでたけやりを手にとって、お金とともに武器屋の主人に差し出した。
 

「今日は来客が多いね。
お客さんで三人目だ。」
やたらと体格のいい武器屋の主人は、そう言ってたけやりとおつりをわたしに渡した。
三人目ということは、さっきの若い男と幼なじみの彼女とわたしで三人か。
 

次は旅人の服だな。
わたしは、防具はそれほど燃えないなあと思いつつ、防具屋を目指した。
 

防具屋は近くにあったので、すぐに着いて扉をくぐった。
しかし、中に入るとどれも高そうな鎧ばかりだ。
 

旅人の服を探して店の中をうろうろしたが、どうにも見つからないので、店の端にどっしりと座っているやけに体格のいい防具屋の主人に尋ねた。
「旅人の服はありますか?」
 

店主は見た目とは裏腹に、愛想の良い声で答えた。
「あいにくここにはないが、町外れの防具屋にならあるはずさね。
しかし、今日初めてのお客さんなのに、何も買ってもらえないのは残念だ。
どうだい?伝説のロットの鎧を安くしておくよ。」
 

伝説の鎧なのに安くするってどういうことだ?
しかも、【ッ】がよけいな気が…。
おっと、今は彼女がいないから、誰もつっこんでくれないんだった。
 

しかし、防具屋の主人は気になることを言ったな。
初めての客だって?
なら、あの若い男と彼女はここに来てないのか?
 

まあいい。
細かいことを気にしないともっぱらの噂(?)のわたしは、町外れの防具屋を目指して歩いた。
 

町外れの防具屋は、酒場を越えていった先にあるはずだ。
わたしは駆け回る子どもたちや、おいしそうに並ぶ色とりどりの果物を眺めながら、のんびりと元来た道を歩いた。
 

酒場の前を通りかかると、中からわたしを呼ぶ声が聞こえた。
「あら、とし。珍しくぴったりね。」
ちらりと声がした方を向くと、彼女が扉越しに、こちらに向かってひらひらと手を振っている。
 

まさにその瞬間に、一時間の経過を告げる時の鐘が鳴り響いた。
その音色は、地獄からの鎮魂歌か、はたまた魔物たちのうめき声かのように聞こえた。
 

なぜわたしは瞬間移動魔法か透明魔法を収得していなかったのか、という哲学的考察をたっぷり三秒したあと、わたしは諦めて酒場への扉にゆっくりと手をかけた。
 

解説

第三話を読んでくださって、ありがとうございます。
 

としは初めて作ったチェックリストに自信満々でしたが、冒険の旅の準備は惨憺たる結果に終わりました。
 

さて、ここでいきなりお題です。
今回のとしの反省点をふまえて、こんなチェックリストにしたら良かったのに、というものを作ってください。
作った方は、わたし宛にTwitter(@toshi586014)で送ってください。
 

我こそはタスク管理マスターだ!というあなた!
タスク管理ってよくわからない、というあなた!
タスク管理よりお笑いネタが好きだ!というあなた!
 

どんな内容でも構いません。
真面目なものから、笑えるものまで、あなたのチェックリストをお待ちしています。
 

そして、今回は重大発表が二つあります!
 

じゅんさん(@jun0424)のブログでタスククエストを取り上げていただきました!
じゅんさんは、タスククエストが完成したらぜひ漫画化したい、とも仰ってます。
ありがたいことです。
ありがたすぎて、わたくし感動の涙が止まりません。
 

少年ライフハック « 4コマでわかる!ITのこと

 

さらに、なんとゆのきさん(@yunokixxx)が、タスククエストのロゴを作成してくださいました!
冒頭のチェックリスト風ロゴです!
とても素晴らしいロゴで、わたくし感動の鼻血が止まりません。
 

すみっこの記

 

いつも応援してくださるあなたに、心より感謝します。
そして、そのお気持ちに応えるためにも、よりおもため話(面白くてためになる話)を書いてまいります。
 

また、こんないい方法もあるよ、というご意見がありましたら、わたし(@toshi586014)宛にお知らせください。
 

それでは、次回またお会いできることを、楽しみにしています。
 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。
 

今回の写真加工に使ったアプリはこちら↓です。

Snapseed 1.4(¥450)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: ¥450(サイズ: 17.8 MB)
販売元: Nik Software, Inc. – Nik Software, Inc.
リリース日: 2011/06/07
現在のバージョンの評価: (133件の評価)
全てのバージョンの評価: (268件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応


 

【関連する記事】
タスククエスト ー道具にはこだわれー | はれときどきくもり

 

タスククエスト ー冒険の準備はチェックリストでー | はれときどきくもり

 

タスク管理初心者よ。いざ、わたしと共に冒険の旅へ。その名もタスククエスト! | はれときどきくもり

 

Posted from するぷろ for iPhone.

5 コメント »

Camera+に便利をプラスするiPhoneアプリCamore+。この便利さは、たし算ではなくかけ算だ!

iPhoneで写真を撮るのが大好きな@toshi586014です。
 

今回は写真好きなあなた。
そして、Camera+が好きなあなた。
さらに、Instagramが好きなあなた。
 

そんなあなたに、とっても便利なアプリを紹介します。
 

その名も…
ばばん
Camore+!
 

Camera+が大好きというりばわんさん(@rivawan )が開発しただけあって、とても便利でツボを心得たアプリです。
 

りばわんさんのそんな想いは、ぜひこちら↓でご覧ください。
あのCamera+にアプリ間連携を追加する新作アプリCamore+をリリース予定! | あぷりばメモ

 

今回はりばわんさんのご厚意で、β版を使わせていただきました。
正式版とは異なる部分があれば、正式版リリース後に追記します。
 

【2012年7月19日追記】
正式版がリリースされました。
詳細はりばわんさんのこちら↓の記事をご覧ください。
動画もあって、分かりやすいです。
【動画あり】Camera+の連携機能を拡張するアプリ『Camore+』を明日ついにリリースします! : Rivawan

 

【追記ここまで】
 

それでは、紹介します。
 

Camore+とCamera+とInstagramの連携

 


↑起動するといきなりこの画面が表示されるので、Camera+で撮影をタップします。
メニューボタンなどをタップしなくてもいいのは、便利ですね。
 


↑すると、Camera+に切り替わりるので、パシャリと写真を撮ります。
 


↑もちろんCamera+お得意の写真加工もできます。
ちょいっと明るめ写真にして…
 


↑画面右上のUseボタンをタップすると、バーがばーっと動いて…
 


↑自動的にCamore+に戻ります。
ここでInstagramをタップすると…
 


↑自動的にInstagramに切り替わります。
ここからは、いつもどおりInstagramに投稿できます。
 

Camore+が起点となって、Camera+で写真を撮ることと、Instagramに投稿することが非常に簡単に連携できます。
 

OneCamとCamore+とCamera+の連携

 

さらに、写真を撮るのはOneCamが好きだけど、Camera+の加工は好きというあなたにもオススメです。
 


↑例えば、OneCamでパシャリと写真を撮ります。
この写真はじゅんさん(@jun0424)に描いてもらったサインです。えへ。
 


↑そのあと、Camore+を起動して、最後に保存した画像をタップすると…


↑見事に先ほどの写真が表示されました。
ここで、Editをタップすると、Camera+に切り替わるので、あとは先ほどと同じように加工できます。
もちろん、Instagramへの投稿もできます。
 

Twittinや顔文字登録といった、あることに特化してその機能を突き詰めるアプリを開発しているりばわんさんならではの、素晴らしいアプリです。
 

Camore+は、Camera+に便利をプラスするだけではありません!
iPhoneでのカメラライフをかけ算的に楽しくしてくれます!
写真好き、Camera+好き、Instagram好きにはたまらないアプリなので、このキーワードに反応した方は、ぜひお試しください。
 

それでは、良いカメラライフを。
 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。
 

Camore+ | Add-on for Camera+ to send and recieve images 1.0(¥85)

カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
現在の価格: ¥85(サイズ: 0.5 MB)
販売元: Rivawan – Yusuke Tsuji
リリース日: 2012/07/18
現在のバージョンの評価: (2件の評価)
全てのバージョンの評価: (2件の評価)
App


 

Camera+ 3.0.2(¥85)

カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥85(サイズ: 21.9 MB)
販売元: tap tap tap – tap tap tap LLC
リリース日: 2010/06/07
現在のバージョンの評価: (72件の評価)
全てのバージョンの評価: (622件の評価)
App


 

OneCam-SpeedCamera- 3.0.0(¥170)

カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥170(サイズ: 5.3 MB)
販売元: Walker Software – masahiro seto
リリース日: 2011/03/05
現在のバージョンの評価: (72件の評価)
全てのバージョンの評価: (764件の評価)
App


 

Twittin – Fast Slide Tweeter 2.2(¥85)

カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
現在の価格: ¥85(サイズ: 1.3 MB)
販売元: Rivawan – Yusuke Tsuji
リリース日: 2012/04/04
現在のバージョンの評価: (1件の評価)
全てのバージョンの評価: (92件の評価)
App


 

顔文字登録 MySmiley|^_^にお好きな顔文字追加します 1.0.1(¥85)

カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
現在の価格: ¥85(サイズ: 0.5 MB)
販売元: Rivawan – Yusuke Tsuji
リリース日: 2012/06/14
現在のバージョンの評価: (2件の評価)
全てのバージョンの評価: (6件の評価)
App


 

【関連する記事】

iPhoneカメラでの撮影が好きなあなたにオススメ。Camore+がついにリリース! | はれときどきくもり

 

iPhoneアプリ顔文字登録は簡単登録で_/\○_ヒャッ  ε=\___○ノホーウ!となること間違いなし! | はれときどきくもり

 

OneCamまとめ | はれときどきくもり

 

iPhoneカメラアプリ界のスタープラチナ、高速起動カメラのOneCamがInstagramに対応した | はれときどきくもり

 

Posted from するぷろ for iPhone.

6 コメント »

タスククエスト ー道具にはこだわれー

第二話

 


photo credit: PAKUTASO
 

町に着いたわたしと幼なじみの彼女は、まず道具屋に入った。
アーレン城から町に向かう道すがら、彼女からペンと手帳の重要性をさんざん聞かされたので、武器屋に行きたい気持ちはぐっと抑えた。
そんなことを言おうものなら、彼女の冷ややかな視線で、道具屋が氷屋になってしまう!
 

「としはどんなペンと手帳が好き?」
彼女は棚に所狭しと並ぶペンと手帳を眺めながら、わたしに尋ねた。
 

「うーん、そうだなあ…。
おっ!この『シゴタノ!手帳術』オススメほぼ日手帳カズ…」
棚に近づこうとすると、突然彼女がわたしの前に割って入り、一本のペンと一冊の手帳を手に取った。
 

満面の笑みで、彼女はわたしにペンと手帳を差し出した。
「としにはこれが似合うわよ!」
 

わたしは彼女から受け取り、手に取ってみた。
両方とも少し小振りだが、確かに手になじむ感じがする。
 

「ふーん、手になじんで使いやすそうだ。」
わたしが素直に感想を口にすると、彼女が得意気に言い放った。
「でしょ!
としは、見た目の割にちまちました字を書くから、ぴったりだと思ったの。」
 

少し気になる言い方だが、あまり細かいことは気にしない性格なので、わたしはかまわず、
「でも、こんなにたくさんあるんだし、もう少し見てみようかな。」
と、キョロキョロしながら言った。
 

そんなわたしを遮るように、彼女は言葉でわたしの前に立ちはだかった。
「としはそれでいいのよ。
ペンと手帳は、自分になじむものがいいの。
だって、使いにくいものだと、使うのが嫌になって、結局使わなくなってしまうでしょ。」
 

そういうものかもしれないな、と考えていると、彼女はわたしが手に取ろうとしていた手帳を取った。
「わたしはこのほぼ日手帳カズンにするわ。
何年も前からのお気に入りなの。」
 

何年も前からのお気に入り?
もしかして、彼女は自分がお気に入りの手帳を買いたいために、わたしを言いくるめたんだろうか?
しかし、あまり細かいことは気にしない性格なので、ペンを握って書き心地を確認することにした。
 

彼女はお気に入りの手帳を抱きしめ、いつの間にかペンを手にして言った。
「じゃあ、これで決まりね。
ちゃんとお金を持ってきた?
わたし今日は50,000プラチナしか持ってないから、いつもみたいに貸せないわよ。」
 

えっ!?50,000スタープ○チナ!スタンドは一人一体のはずでは!?
そんなにいたらゴゴゴゴゴゴでオラオラオラオラだぞ!!
一人で妄想に盛り上がるわたしをよそに、彼女はさっさと道具屋の店主にお金を払っていた。
 

ほぼ日手帳カズンは5,000プラチナらしい。結構いい値段だ。
でも、見た目も書き心地も良さそうだった、とわたしは少し未練を感じた。
しかし、あまり細かいことは…。
 

そのあと、わたしもお金を払い、二人で道具屋を出た。
 

「よし!次はいよいよ武器屋だな!
何にしようかなあ。定番のたけやりか、それともこんぼうか。
少し奮発して銅の剣もいいなあ。」
わたしが剣を振るマネをして張り切っていると、彼女の方から冷気を感じた。
 

身の危険を感じて彼女の方を向くと、顔は笑っているが、目が笑っていない。
わたしは、彼女の視線で氷像になる前に、思い出したことを急いで口にした。
「もちろんその前にあれだよな!
あの、その、あれ!
あ、そうそうチェックリスト!」
 

彼女の視線が、今朝の肌寒い空気くらいに落ち着いたので、わたしはほっと息をついた。
冒険の旅に出る前に、『おお、としよ!死んでしまうとは情けない!』、なんて王様に言われたくないもんな。
 

「そうね。
チェックリストを作ってから、準備をしましょう。
そうすれば、町に来る途中で話してたチェックリストの利点の、【3.頭を使わないから作業が早い】と【4.再現できる】も実感できるわよ。」
彼女は器用にペンをくるくると回しながら言った。
 

「よし、それならあそこの酒場でチェックリストを作ろう!」
酒場に向かって歩き始めたわたしを、彼女の声が引き留めた。
「いいえ。
一旦ここで解散して、一時間後にここに集まることにしましょう。
それまでにちゃんとチェックリストを作っておくのよ。
その後は、それぞれ自分のチェックリストを持って、準備に行くんだからね。」
 

「わざわざそんなことしなくても、今そこの酒場でパパッと作ったらいいのに。
それくらい、コーヒーが冷める前に終わらせてみせるさ。」
わたしはコーヒーを冷ますマネをしながら、一気にまくし立てた。
 

「コーヒーが冷める前にね…。
じゃあ、としはチェックリストができたら、のんびりコーヒーでも飲んでてね。
わたしは一時間後にここに来るわ。」
彼女はそう静かに話して、すたすたと歩いていった。
 

わたしは、彼女の口調が気になった。
そう言えば、昨日彼女にいたずらをした三軒向こうのジャーイという悪ガキが、あんな口調で怒られていたような…。
 

まあ、いい。
細かいことを気にしないわたしは、意気揚々と酒場の扉をくぐった。
 

解説

第二話を読んでくださって、ありがとうございます。
 

さて、今回二人はペンと手帳を購入しました。
幼なじみの彼女が言うように、お気に入りの道具を使うことが、タスク管理に限らず、物事を楽しむコツの一つです。
それは、ペンと手帳だけでなく、iPhoneのアプリやWebサービスでも同様です。
なので、最初から「これだ!」と決めつけず、いろいろと試してみることをオススメします。
 

道具の大切さは、文中にも出てきた『シゴタノ!手帳術』でも紹介されています。
ただの手帳術ではないこの本は、手帳を使わないわたしでも、とても勉強になりました。
人生を豊かにしたい人に、おすすめの一冊です。
 

ところで、
「まだ準備してるの?早く冒険に行こうよ〜。」
というあなたの声が聞こえます。
 

全くその通りですね。
わたしも早く二人を冒険に連れていってあげたいです。
(特に、としは単純なので、冒険で頭がいっぱいですしね。)
 

しかし、外は危険な魔物の蠢く世界です。
しっかりと準備をしていかないと、あっという間にゲームオーバーです。
今しばらく、暖かい目で見守ってあげてください。
 

また、こんないい方法もあるよ、というご意見がありましたら、わたし(@toshi586014)宛にお知らせください。
 

それでは、次回またお会いできることを、楽しみにしています。
 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。
 

 

【関連する記事】
タスク管理初心者よ。いざ、わたしと共に冒険の旅へ。その名もタスククエスト! | はれときどきくもり

 

タスククエスト ー冒険の準備はチェックリストでー | はれときどきくもり

 

Posted from するぷろ for iPhone.

5 コメント »

買って良かったシリーズ。育児のお供編

赤ちゃんのおむつを変えるのが大好きな@toshi586014です。
 

それでは、買って良かったシリーズ【育児のお供編】、はっじまっるよ〜。
 

というわけで、今回の実用的な子育てグッズを発表します。
 

それは…
使用済みおむつケースです。
 

新生児の頃は、うんちもあまり臭くないので気になりませんが、離乳食を始めた頃から急速に大人並になってきます。
そうなると、使用済みのおむつの置き場に困ってきます。
 

こんな↓感じのおむつケースもありますが、詰め替え用カセットが高いので、我が家では諦めました。

 

 

そんな時に見つけたのが、今回の商品です。
 

それでは紹介します。
 


↑正面から見るとこんな感じ。
ピーターラビットがかわいいです。
フタが付いているのがポイントです。
また、フタを閉めたあとにロックできるので、子どもが間違って開けることもなく安心です。
 


↑少し上から見るとこんな感じ。
取っ手がついているので、持ち運びも楽々です。
 


↑フタを開けるとこんな感じ。
中身が入っているので、モザイクしてます。
このように、スーパーなどの袋を入れて、そこにおむつを捨てています。
一杯になったら、袋ごと大きいゴミ袋にぽいしています。
 

うちの二歳児一人で、だいたい二日間のオムツが入ります。
密封ではありませんが、袋に入れているおかげか、においは気にならないです。
しかも、お値段はたったの1,000円くらい。(だいぶ前に買ったので正確な値段は覚えていませんでした。)
 

本格的なおむつケースは高いけど、そのまま捨てておくのはにおいが気になるし、子どもがさわったら困るから、という方にオススメです。
オムツが外れたあとは、普通のゴミ箱としても使えて一石二鳥です。
 

毎日のおむつ替えに、素敵なワンポイントをいかがですか?
 

晴れた日も、曇った日も、素敵な一日をあなたに。
 

【関連する記事】
買って良かったシリーズ。子どものおもちゃ編 | はれときどきくもり

 

買って良かったシリーズ。子どものおもちゃ編パート2 | はれときどきくもり

 

Posted from するぷろ for iPhone.

2 コメント »