はれときどきくもり

人生晴れた日もあれば曇った日もある。いい時も悪い時も人生を楽しもう。

忘れっぽいあなたに。「ライフログしませんか?」

: 2012年1月24日
わたしは、たちさん(@ttachi)のブログの次の記事を読んで、ライフログを始めました。

たった一度の記憶をずっと劣化させない方法

 

その中でこのような一文があります。

“日記に書かれている「ある特定の日」の出来事まで、日記をきっかけにハッキリと思い出すことができたのだ。

それは特別なイベントではない、ごく些細な日常のことだ。

(中略)

「記録」によって「記憶」が呼び出されることにもショックを受けた。

でも、本当に僕がショックを受けたのは、「記録」がない日々の記憶は、よっぽど特殊なきっかけがない限り、僕の潜在意識からは二度と取り出すことができない、ということだ。”

これを読んだとき、よっしゃこれだ!ライフログを始めるぞ!と思いました。

なぜかと言うとわたし忘れっぽいんです。

家族や友達と昔話で盛り上がっている時に、覚えていなくて話題にいまいち入り込めず、寂しい思いをすることはしょっちゅうです。

今日のご飯は何にしようかなという時に、そういえば昨日は何を食べたかな……、お、思い出せない!なんてのは毎日です。

また、子どもがかわいいことや面白いことをした時に、これは覚えておいて将来本人に言ってやろう、と思ったのにしばらくしたらすっかり忘れてしまい、前に何か面白いことをしてたはずなのに何だっけ、ここ(喉元を指差して)まで出てるんだけど、と言うことも度々です。

このようなことが枚挙に遑がないくらいです。

iPhoneを使い始めてからは写真や動画を気軽に撮るようになり、それによって思い出せることも増えました。

しかし、写真や動画には風景や人物は映りますが、気持ちは映りません。

繰り返します。【気持ちは映りません。】

大事なことなので二度言いました。

その時に感じたことを一緒に残していると、より鮮明に記憶がよみがえります。

子どもの写真を眺める時のニヤニヤ度も200%増です!

子どもが将来反抗期を迎えた時に、こんな面白いことしてたくせに、ぷぷぷー、と言うことも可能です。(よけいに反抗されるかもしれませんが。)

と言う訳で、あなたも一緒に「ライフログしませんか?」

次回は写真に気持ちを簡単に添えられる「photoikku KINARI – 手書きフォントでフォト一句」というiPhoneアプリを紹介します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。